費用の目安を知るために

dentaku

県外の大学への進学や単身赴任などが決定すると引越しを行わなければなりませんよね。

 

転勤族の方や単身赴任の多い仕事をなさっている方などは引越し慣れしているため特に戸惑いもなく引越しの準備などを行なってしまうかと思いますが、

 

初めて引越しを行う方や数十年ぶりに引越しを行う方などは引越し業者への依頼はどうするのか、荷物はどうやって整理すればいいのかなどその時になると混乱してしまうことも少なくないようです。

その際、問題となる点の1つに引越しの費用が挙げられるかと思います。

 

もちろん、誰しも費用は安く済ませてしまいたいと考えていますが、何分経験が少ないとどこの業者が安いかや評判の良し悪しなどがわからず困ってしまうでしょう。

そこで、以下では私が引越しを経験した際に参考にした引越し業者の費用や評判が簡単に比較できるサイトをご紹介したいと思います。

 

1.価格.com – 引越し料金比較・費用見積もり(http://kakaku.com/hikkoshi/)

この価格.comは電化製品などの料金比較を行う際に利用した経験があるという方は多いと思いますが、実は引越し業者の比較も行なっているのです。

 

価格.comの良いところは、非常に多くの業者が登録されていることから私たち利用者の選択肢が広いという点にあります。

 

情報の入力に少し時間はかかりますが、一括見積もりをしてもらうことで極めて詳細な費用を提示してくれるためその後業者に連絡を取ってみたら見積と額が全然違うという心配はありません。
また、価格.comのページには初めて引越しをする方のために業者選びや手続きの手順なども載っているため、スムーズに引越しができるかと思います。

 

2.SUUMO引越し見積もり(http://suumo.jp/hikkoshi/)

SUUMOは最近、頻繁にCM等で見る機会があるかもしれませんがリクルートが提供している不動産関連の情報サイトです。

 

その中のコンテンツの1つとして引越し見積もりがあるのですが、不動産系の情報を扱っているだけあって内容も充実しています。

 

価格.comに比べると登録業者数は少ないように感じましたが、見積もりの際の入力が価格.comよりも簡略化されており見やすいためオススメです。

 

また、プラン別に検索することができるため費用を出来るだけ抑えたいという場合には、業者が日時を指定する代わりに費用が安く済むプランを選ぶことや、

 

スタッフは女性が良いという場合には女性スタッフが伺うプランなどを選ぶことができたりなど利用者に優しい内容となっていると言えます。

 

 

また、引越しの費用は時期に影響されることも多いため早くから引越しが決定している場合には業者の忙しい時期を待たず、少し早めに引越しを済ませると費用を節約できることもありますよ。