家具の新調を行う場合

tansu引越しで新居に合わせて家具を新調したいと言うときには、まず、どれを新しくするかと言うことをあらかじめ決めておく必要があります。

 

ほとんどの人が、一部はそのまま同じものを流用し、新しくしたいと考えたものだけを買い換えるというケースに当てはまりますが、

この場合、残すものや新しい住居の内装などとバランスの取れている色や大きさ、デザインのものを選ばなければ、結果的にちぐはぐな印象になってしまいます。

購入したいものが決まったら、次に不要になった品物の処分方法について検討しなければなりません。

 

 

小さい荷物であれば自分で処分場へ持ち込むという方法もありますが、

 

大型のものとなると自力で運搬するのが困難な場合もありますので、

まだ使えるものであればリサイクル業者などに引き取ってもらったり、
知り合いなどに譲り渡すという方法もあります。

 

 

リサイクル家電などであればメーカーや電気店に依頼して処分してもらうという方法もありますので、

引っ越す前に早めに手続きをとっておきましょう。

 

 

次に、新居のインテリアの準備ですが、

購入した荷物を運んでもらう場合には、荷物の搬入と重ならないように日時の調整をしましょう。

 

 

どちらを先に搬入するかというのは購入したものにもよりますが、
できれば新調した家具だけを同日にまとめて搬入をすると、すぐに生活をスタートすることができるのでおすすめです。

 

 

ただし、組み立てなどが必要なものを搬入する場合には、荷物が入っていない状態で受け取っておいて、

あらかじめ組み立てておくとレイアウトを整えるときに動線を十分確保できますのでおすすめです。

 

 

実際に生活するとレイアウトを変更することはよくありますので、まずはとりあえず様子を見ましょう。