冷蔵庫の運び方や気を付ける事はどんなこと?

mitorizu

引越し荷物の中でも、注意点が多いのが冷蔵庫のような大きな家電です。

サイズが大きいため、住宅から出せない、入らないという実例も多いのでまずは、サイズの確認から行いましょう。

 

引越し元から冷蔵庫を出す際は、過去に搬入した時と同様に搬出すれば問題ありません。
(クレーン車などを使った場合は同じ作業が必要になります。)

 

引越し先では、玄関入り口から廊下の横幅、階段幅、踊り場、設置場所のサイズ確認を行って下さい。

 

冷蔵庫は立てて運ぶため、作業員の腰の高さを考慮して(高さ+100cm、横幅+20cm)余裕があるか計測をしメモに記載して下さい。

 

間取り図を先に準備し、そちらに直接サイズを記入して行くと分かりやすくて良いです。

 

通せない場合は、ほかの勝手口を利用して搬入することがあります。

 

そのメモを見積もり時に営業スタッフに見せて事前に打ち合わせを行って下さい。

 

引越し先に冷蔵庫を運んでから搬入出来ない事に気づく方も多いので、サイズだけはご注意ください。

 

また、現地調査を依頼する場合は、下見料が必要になり、別途料金が追加されてしまいますので、不安な点は契約前の見積もり時に確認してください。

 

運び方については?

また、運び方は上記でも記載しましたが横に寝かさずに立てて運びます。

 

こちらは業者に運んでもらう方は特に気にする必要はありません。

 

主に自力で運ばれる方になりますが、

冷蔵庫の内部にあるコンプレッサーは、オイルを循環させて冷却を行いますが、横に寝かすと配管から別の場所に流れてしまい、正常運転の妨げになります。

 

また時間を置いてから電源を入れる事が必要になりますが、当初は良くても、寿命が短くなり後々冷えなくなる事もあるため立てて運ぶ事を心がけて下さい。

 

重量もあり運び方も難しいので、専門の業者に依頼される事をお勧めします。

 

後は費用の問題になりますが、保険にも加入済みの安い業者を探すにはこちらを参考にして下さい。

引越し 冷蔵庫のみ

 

料金さえ折り合えば、梱包から建物の養生まで臨機応変に対応してくれますし、寝かせて運ぶような事はしないので安心です。