洗濯機を買い替える際の選ぶポイント

sentaku

引越しをする機会というのは、洗濯機を買い替えるちょうど良い機会でもあります。
洗濯機の選び方には、家族構成によって選ぶ機種のポイントが違います。

家族構成によって洗濯機を選ぶのなら、容量に気を付けなければいけません。
一人暮らしの引越しをするときには、値段の安い5㎏以下のもので充分です。

あまり大型のものを購入してしまうと、引越し先の一人暮らし用のアパートやマンションでは設置できない可能性もあります。

家族で引越しをして買い替える場合には、6㎏以上の容量があるものを選ぶようにしましょう。
小さいものだと何度も洗濯をする必要がありますから、容量については特に気を付けなければいけません。

一般的には、家族の人数×1.5が適正な容量と言われていますから覚えておくと良いでしょう。

家族で引越しをするときには、乾燥機が付いているもののほうが良いかもしれません。
乾燥機が付いていれば、雨の日の洗濯にも困ることはありませんから便利です。

引越し先の浴室などに浴室乾燥機が付いている場合には、必要ないともいえます。

また、洗濯機にはドラム式と縦型があります。

最近の洗濯機にはドラム式が増えていますが、ドラム式には、洗濯物が取り出しやすいことや節水の効果が高いことがメリットとして挙げられます。

しかし、縦型に比べて洗浄力が落ちてしまうのがデメリットでもあります。

縦型のメリットとデメリットはドラム式とは正反対になっていますから、こうしたメリットとデメリットを理解して選びましょう。

 

引越しをする機会に買い替える洗濯機の選び方としては、家族構成に合わせた容量を選ぶことが重要です。
また、新しい住居に設置できるサイズかどうかも事前に調べておく必要があります。