国民健康保険の手続き

copy

国民健康保険の手つづきというのは同じ市内へ引っ越す場合と市外へ引っ越す場合とでは大きく異なります

 

この健康保険というのは自治体ごとに加入するため、同じ市内への引っ越しなら住所変更を行うだけの手つづきで済みます

 

しかし市外へ引っ越しする場合には、今まで加入していた健康保険の資格をいったん喪失してから引っ越し先で改めて加入する必要があります。

 

同じ市内への引越しの場合には引っ越しをしてから14日以内に市役所で住所変更の手つづきを行います。

その際に必要な書類は健康保険証と印鑑だけです。

 

 

一方市外へと引っ越す場合には、まずは引っ越しを行う前に現在の市役所で資格喪失の手つづきを行ってから、引っ越し先の市役所で改めて国保の加入手つづきを行うことになります。

 

資格喪失手つづきを行う際に必要な書類は健康保険証と印鑑です。

 

資格喪失手続きは引っ越しから14日以内に届け出をすることになっているので、引っ越してから届け出を出すことも可能ですが、

 

転出届を提出するために引っ越しの前に市役所へ行く必要があるので、できればその時に一緒に手つづきをしてしまうのがお勧めです。

 

そして引越しをしてから14日以内に今度は新しい市役所で健康保険の加入手つづきをしなければなりません。

 

その際に必要になるのは、印鑑と引っ越し前の市役所で受け取った転出証明書、免許証やパスポートなどの顔写真の付いた身分を証明できるものが必要になります。

 

 

引っ越しする前に喪失手つづきをして保険証を返却してから引っ越し先で加入の手つづきをして保険証をもらうまでの間一時的に保険証がないことになりますが、

 

もしこの期間中に病院にかかる場合にはいったん全額実費で支払い、後日健康保険分の費用を返してもらえますので、病院からの領収書をきちんと保管するようにします。