増税や燃料費の高騰。運送業者にとっては頭の痛い事ばかりなり。

setuyaku

 

運送業を営んでいらっしゃる方々にとっては、昨今の色々な問題は日々の業務に直接関係してくるようなことばかりで、

頭が痛くなるようなことばかりなのではないでしょうか。

 

世の中の不況の問題や燃料費の高騰、そして消費税の増税に至りましても、

そのどれもが会社の利益の阻害となるものばかりとなります。

 

 

従業員の方も大変でしょうが、経営をされている方にとっても死活問題となることでしょう。

 

 

ロジスティクスという言葉もありますが、ただ単に物流の流れを管理するだけではなく、

このような様々なリスクを管理するということもロジスティックの意味に含まれてくるのではないでしょうか。

 

 

非常に大変なことではありますが、

今後はずっとこのような問題を避けて通ることはできません。

しっかりそのような問題を直視して、何とか解決していかなければなりません。

 

 

 

物流にも様々な種類の物がありますが、

私たちが日常的によく見る光景でトラックの運送があります。

 

 

その業種は他の物流とは違う、特殊な面が見られます。

 

それは何かと言いますと、一般道路を走行しながら業務を遂行するということになります。

 

これは物流の流れにおいて、実は非常にリスクとなることなのです。

 

 

 

なぜなら、いつ何時、何が起こるかわからないからなのです。

また、その予測ができにくいという問題点もあるのです。

 

 

 

そういったリスクも踏まえ、また、昨今の燃料費高騰の問題を含めると、
これからは如何に効率良く輸送を行うかが問題ともなります。

 

 

これが上手くできる業者が生き残っていけるとも考えられるでしょう。

 

このことを考えて、よくトラックの帰り便にも引越しの荷物を載せることがあります。

 

しかし、ルート等の計画が上手くできない時はこれができないこともあり、中々上手く行かないのが現状です。