赤帽の利用での引越し作業

akabou

大学時代一人暮らしをしていた時、引越しの際赤帽を利用したことがあります。

赤帽といえば運送業者としての方が有名かもしれません。
引越しをすることが決まり、ネットで格安の引越し業者を検索していた時にヒットしたのが赤帽でした。

赤帽が使用するのは軽トラック。
軽トラ程度で済む荷物量の単身引越しにぴったりです。

引越し費用は使うトラックの大きさ、移動距離、引越しにかかった時間、係員の数によって決まります。

赤帽は軽トラですし、係員は基本運転手の一人だけ。必要最低限なのです。

引越しする本人は一緒に助手席に乗って移動します。

他の引越し専門業者と違うのは、引越しの際の荷物運搬は依頼主も一緒に手伝わなければならないことと、やってくれるのはあくまで荷物運搬のみということ

普通ならば空室の新居にすでに依頼主が待っていて、この荷物はこっち、それはあっち、という指示を出すイメージがあると思いますが、赤帽は荷物を積み込むところから一緒に作業して、移動も一緒。

到着したら一緒に新居まで荷物を運んで終わりなのです。
依頼主も一緒に作業しなければならない分、格安にできるとのことでした。

大変そう、と思う人には向かないかもしれませんが、費用を安くあげたい人にはおすすめです。

通常の運送のみであれば20km以内に限り5000円以下という破格の安さですが、

引越しになると引越し運賃が適用され、12000円と割高になってしまいます。(土日祝は2割増し)

ただし、各営業所によって異なることがあるため興味ある方は一度見積もりを依頼してみましょう。